【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

アメリカ観光

絶対オススメ!観光スポットだけじゃ足りない、アメリカの有名イベント・行事、祭り

更新日:

こんにちは!

海外旅行に行く時、みなさんは何を目的として行かれますか?

観光地巡り、体験学習、レジャー、スポーツなどなど。

それらに加えて、その時にしか経験できない、ご当地ならではの「イベント・祭り」もあります!

 

アメリカ人って比較的休みが多く、楽しいこと、お祭りごとが好き、という印象はありませんか?

アメリカには、どんなイベントやお祭りがあって、どのように盛り上がっているのでしょうか。

アメリカに旅行した時に、いっしょに楽しめるよう、ぜひ知っておきたいですよね。

今回はアメリカの有名なイベント、行事、お祭りについてご紹介していきます!!

 

アメリカの祝祭日は意外と少ない?!

連邦政府が定める祝祭日(National Holidays)には、学校や会社が休みになるところがほとんどで、

アメリカ各地でさまざまなイベントや催し物が開催されます。

 

―アメリカの祝祭日一覧―

【1月】
1日・・ New Year's Day​(元日)

1月第3月曜日・・Martin Luther King, Jr. Day(キング牧師記念日)

【2月】
第3火曜日・・ Washington's Birthday(ワシントン元大統領誕生日)

【5月】
最終月曜日・・ Memorial Day(戦没将兵記念日)

【7月】
4日・・ Independence Day (独立記念日)

【9月】
第1月曜日・・ Labor Day(労働の日)

【10月】
第2月曜日・・ Columbus Day(コロンブス記念日)

【11月】
11日・・ Veterans Day(復員軍人の日)

11月第4木曜日・・ Thanksgiving Day(感謝祭)

【12月】
25日・・ Christmas Day(クリスマス)

 

以上、全部で10日です。

日本の祝日が年間15日であることを考えると、アメリカは祝日の数が少ないですね。

この中で最も盛り上がるのは7月4日の独立記念日11月の感謝祭

そしてもちろん、12月のクリスマスです。

 

独立記念日の主な行事

■花火

7月4日はアメリカ人にとって特別な日です。

1776年のこの日は、アメリカ独立宣言が交付されたことを記念し、祝日として制定されました。
(つまり独立を宣言した日であって、戦争に勝って独立した日の記念日ではありません。)

アメリカではこの日を「Independence Day」と言うよりは、

「Fouth of July」と呼ぶほうが一般的です。

7月4日の前の晩になると、街の至る所で花火が鳴り響き、夜中じゅう花火を打ち上げます。

最も有名なのはニューヨーク市マンハッタンで夜空に打ち上げられる

「メイシーズ独立記念日花火大会」

アメリカの老舗デパートであるMacy'sがスポンサーの花火大会で、イースト川沿いで

4万発の花火が打ち上げられます。

打ち上げ場所が毎年イースターリバー側からかハドソンリバー側か異なります。

 

穴場の花火鑑賞スポットを6つご紹介!

①Houston(ヒューストン)通りのFDR Dr.

②East River Park(イーストリバーパーク)バーが周辺にある。

③Coney Island(コニーアイランド)のボードウォークから鑑賞する。

(毎年同日、ホットドッグ早食い大会が開かれるところ)

④One World Trade Center(ワンワールド・トレードセンター)の展望台から

⑤Grand Ferry Park(グランドフェリーパーク) から。

ここはマンハッタンのスカイラインが見渡せて、草の上に座って鑑賞できます。

⑥クルーズ(ニューヨークにはさまざまなクルーズがある)から鑑賞

 

■Boston Harbor Fest(ボストン・ハーバーフェスト)

ボストン・ハーバーフェストは、37年の歴史を持つ、アメリカ最大の独立記念日の

家族で楽しめるフェスティバルの一つです。

トレイルウォーキング、ボートツアー、ライブエンターテイメントなどを含む

さまざまなイベントが6日間に渡って開催されます。

独立当時の衣装に身を包んだ人たちによるパレードも行われます。

7月4日当日には、ボストンポップス・オーケストラの無料コンサートが開催され、

音楽に合わせた花火が打ち上げられるなど、夜まで楽しむことができます。

 

■Nathan's Hot Dog Eating Contest​(ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権)

毎年ニューヨーク、コニーアイランドで開催されるお祭り。

ネイサンズ(ホットドッグ販売を展開する企業)のプロモーターによると、

このホットドッグ早食い大会は、1916年7月4日、4人の移民の誰が最も愛国的であるかについての

議論を解決するため始まったということで、まさに独立記念日にふさわしいイベントと言えます。

ちなみに女子部門では2014年から日本人女性が5連勝しています。

 

Thanksgiving Day(感謝祭)の主な行事

感謝祭と言えば、家族が集まって七面鳥に代表される感謝祭ディナーをいただいて、

食べ物に感謝し収獲を願う日のことです。

この感謝祭での主な行事と言えば、やはりMacy's Thanksgiving Paradeです。

メイシーズが主催するパレードで、有名人たちも参加したり歌を歌ったりするので、

特にマンハッタン、セントラルパーク西から6番街にかけての沿道はとても混雑します。

パレードが通るルートにあるホテルに宿泊して、ホテルの部屋から見るのもひとつの方法です。

 

お気づきの方も多いと思いますが、NYはやはり大きなイベントが開催されることが多い土地です。

楽しいことが大好き、お祭り騒ぎが大好きな人は、ニューヨークが絶対におすすめ!

いろんな意見があると思いますが、個人的には、同じ年数ニューヨークに住むのと、

何もない田舎に住むのとでは、得られる経験や知識、教養の量が大きく違ってくると思います。

 

Christmas(クリスマス)の主な行事

数々のお祭りやイベントの中でも、最も印象的で、感動的なのは

クリスマスシーズンのイベントです。

アメリカでも最も盛大にお祝いをする日のひとつで、各地でさまざまなイベントが開催されますが、

静かに家族でお祝いする人々も少なくありません。

アメリカのクリスマスシーズンの雰囲気は日本のクリスマスシーズンの雰囲気とは違っています。

大きなイベントに参加しなくても、教会のミサに一度足を運んでみてください。

私はクリスチャンではありませんが、初めてクリスマスのミサを訪れた時は、

キャンドルやステンドグラスから醸し出される幻想的で愛に満ちた空間や、

美しい賛美歌にとても感動しました

クリスチャンでも、そうでない方にも一度は経験してみてほしい、お勧めの過ごし方です。

アメリカはクリスチャンの多い国ですから、ひょっとするとアメリカ人の物の考え方や

価値観に通じる何かに触れることができるかもしれません。

ショッピングモールも多くのの飾りで溢れ、家々もイルミネーションが盛りだくさん。

ラジオや番組でもクリスマスソングで溢れます。

 

祝祭日以外で盛り上がる行事

毎年2月上旬の日曜日Super Bowl(スーパーボウル)

スーパーボウルとは、アメリカンフットボールの王座決定戦のことです。

開催地は毎年変わります。

(ちなみに2019年のスーパーボウルは、アトランタのメルセデス・ベンツ・スタジアムで開催予定)

アメフトと言えば、数あるスポーツの中でも最もアメリカ人が興奮し、

盛り上がって観戦するスポーツのひとつです。

いえ、そのトップに君臨すると言ってもよいでしょう。

高校生のアメフトでも、親たちはシーズンになると毎週のようにスタジアムに足を運びますが、

スーパーボウルはそれの最高峰ですから、アメリカ人たちが盛り上がらないわけがありません。

スーパーボウルの行われる日曜日は、アメリカ国内の食料消費が最も多い日の2位

(1位は感謝祭)と言いますから、まさに大イベント中の大イベントです。

試合が盛り上がるのはもちろんのこと、前半と後半の間に行われるハーフタイムショーでは、

アメリカトップクラスの有名アーティストたちがパフォーマンスを見せ、さらに試合を盛り上げます。

チケットは高額です(20万円前後から)が、この熱気と興奮を味わうには会場に行くのが一番です。

スーパーボウルのチケットは日本からもチケットセラーのホームページから購入可能です。

お金に余裕のある方にはぜひおすすめです。

 

3月17日St. Patrick Day(セント・パトリックデー)

世界中が緑色に染まるのがセント・パトリックデーです。

この日は有名なアイルランドの祝祭日で、世界各所でこの日を祝うイベントが開催されています。

アメリカ各地でも、フェスティバルやパレード、アイルランドのダンスや音楽イベントが開催され、

緑色の物を何か1つでも身につけた人達で溢れます。(付けていない人はつねられます)

アメリカ国内で最も有名なのは、シカゴでのイベントです。

シカゴ川はこの日のためだけにエメラルドグリーンの美しい色合いで染められ、60年以上もの間、

あらゆる年齢層のための最大かつ最高の観客イベントの1つとなってきました。

バンドや音楽、アイルランドのステップダンスなどを取り揃えたパレードが正午から始まって、

Balbo Driveという通りからMonroe Drive通りへ行進します。

 

10月31日Halloween(ハロウィン)

ハロウィンと言えば、日本でも飾り付けをしたり、ハロウィンコスチュームを着て

街を歩いたりする風習が最近急に浸透しているようですが、

アメリカでは日本以上に各地で仮装パーティーTrick or Treatで盛り上がります。

どんな人でも(基本子供達ですが)仮装して知らないお家の門を叩いて、

キャンディーなどのお菓子をもらってくることが可能です。

もしこの日にアメリカに行く予定があれば、好きな格好をして、お近くの地域で現地の子供たちと

一緒になって、一周してみてください。バスケットや袋を忘れずに!

人々は家にハロウィンの装飾を施し、

玄関先やガレージなどでお菓子を用意して待ってくれています。

玄関の灯りが点いている家が「Welcome」の暗黙の合図ですから、

灯りが点いている家だけを周りましょう。

大人用にシャンパンなど用意してくれているお家もあって、子供はもちろん、大人も楽しめます。

スーパーでも早い時期からハロウィン特設コーナーが設けられ、飾り、コスチューム、

そしてハロウィン仕様の大量のキャンディやお菓子が並べられます

 

12月31日カウントダウン

陽気なアメリカ人の年越しの過ごし方の1つは、カウントダウンに参加することです。

新年カウントダウンで最も有名なのが、

言わずと知れたニューヨークマンハッタンのタイムズスクエアでのカウントダウン。

日本からも映像で誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

これの良い点は、チケットも不要、予約要らず。ただひたすら場所を確保して待つのみ

と手軽なところ。

有名アーティストによるパフォーマンスもあって、それ自体楽しいですが、長い待ち時間に、

世界のいろんなところからやってきた人たちと仲良くなれるチャンスでもあります。

困る点は、とにかく身動きが取れないので、トラブルがあってもすぐに抜け出せないところです。

また、トイレにはまず行けないので、並んでいる人たちの中にはおむつを履いたり、

水分制限をしている人たちも多いようです。

 

タイムズスクエアのカウントダウンに参加して楽しいひと時を過ごしたい人は、

・水分摂取を控える
・寒さ対策(ニューヨークの冬は非常に寒いです)
・バックパックは持込禁止
・スリに注意

など心構えとして持っておいてください。

 

その他アメリカ国内の行事

SXSW(サウス・バイ・サウス・ウエスト)

毎年3月に、テキサス州の州都オースティンで10日間に渡って開催される

South by Southwest という有名な祭典です。

SXSWは1987年にロックフェスティバルとして始まりましたが、今ではハイテク、映画、

そしてポップスターのための祭典へと成長しました。

グーグルやサムスン、Youtube、マイクロソフトなど世界でもトップクラスの企業や、

マツダ、Sony、Panasonicなど日本の企業も多数参加してプロモーションに躍起になっており、

IT界での影響力は計り知れません。

会場では各界の著名人と出会う確率も高く、音楽祭には日本からも多くのアーティストが参加して

多くの人の注目を集めました。

 

Albuquerque International Balloon Fiesta(アルバカーキ国際熱気球祭り)

ニューメキシコ州の首都、アルバカーキは、世界最大の熱気球イベントで、

毎年10月の第一土曜日から次の日曜日までの9日間に渡って開催される

アルバカーキ国際バルーンフェスタで最も有名です。

46年の歴史を誇る世界最大級の大イベントで、広大なBaloon Fiesta Parkを会場とし、

世界中から熱気球愛好家が集まって熱気球を上げ、またその色とりどりの何百もの熱気球を

観光客が楽しむというお祭りです。

9日間のうちの2日間のみですが、「スペシャルシェイプロデオ」という日があります。

これは動物やアニメのキャラクターや、バスや飛行機などの乗り物、サッカーボールの形のような

おもしろい形の熱気球が上がり、子供たちも大喜びします。

夜には「ナイトグロー」と言って、ライトアップされた熱気球を楽しむことができます。

この「ナイトグロー」では熱気球は空には浮かばず地面に固定されていますが、

幻想的で美しくおすすめです。

 

最後に

いかがでしたか?

ご紹介したこれらの有名イベント以外でも、都市や地元のイベントや、お祭りも、

紹介できないほどたくさんあります。

興味のあるイベントが見つかったら、まずはチケット購入の必要の有無を確認の上、

必要であればHPから申し込んだり、希望のイベントに参加できるツアーに参加するなど

旅行代理店を通じてチケットの入手と宿泊先の確保についてチェックして見てください。

ご紹介してきたお祭り、イベントは、アメリカ国内で人気の高いものばかりです。

チケットの早期売り切れ、周辺ホテルの予約困難が予想されますが、参加できれば

生涯でも大きな思い出と経験になるに違いありません!

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-アメリカ観光
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2019 All Rights Reserved.