【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

基礎英会話 日常英会話

英語で感情を伝えよう、「怒り」を表すネイティブの英語表現とスラング

投稿日:

こんにちは!イナミーズ英会話の伊南です!

言葉は違えど、喜怒哀楽の感情は古今東西、世界中の人が持っています。

怒りの気持ちを英語ではどのように表現するでしょうか。

いつもいつも愚痴や文句を言っているのはいけませんが、困惑、怒りの気持ちは時としてはっきり伝えることも必要です。
あなたが怒りを感じた時に英語で気持ちを正確に伝えられるよう、英語での怒りの感情の伝え方について学びましょう。

ここではさまざまな怒りに関する言葉や、表現方法をご紹介します。

 

「怒り」に関連する単語・イディオム・スラング

怒りの感情を表す単語

「怒っている」という状態を表す英単語はたくさんありますが、怒りの度合いの低い順に並べると次のようになります。

■annoyed・・困惑している状態
■frustrated・・いらいらしている状態
■irate ・・いらいらしている状態
■upset・・自分の感情をどうしてよいかわからず心を乱している状態
■angry・・怒っている状態
■mad・・怒っている状態(怒りが強い)
■furious・・激怒している状態
■Livid・・激怒している状態
■Fuming・・激怒している状態

 

怒っている人を形容する単語

■ grumpy・・ いつも文句を言ったりいらいらしている人、老人に多いイメージ
■ grouchy・・ grumpyと似ているけれど、ムードを意味する。例えば朝が弱くて朝は機嫌が悪いと言う時など
■ crotchety・・ すぐにイライラする人
■ snappy・・ いつもいらいらしていて、失礼で棘のある言葉を使うような人

 

怒りを表すイディオム

■ a bunch of fives
fivesはここでは5本指のこと。5本指のかたまり、つまり「握りこぶし」「ゲンコツ」の意味
(例文)
A bully gave him a bunch of fives in the face.(いじめっ子が彼の顔にゲンコツを一発食らわせた)

■ get out of bed on the wrong side
ベッドの左側から起きると一日中縁起が悪いとされたことから、「朝からずっと機嫌が悪い人」のことを言います。
(例文)
Do not expect any help from John. I guess he got out of bed on the wrong side.
(今日はジョンに手伝ってもらうのを期待しないほうがいいよ。朝からずっと機嫌が悪いから)

■ Rub (人)the wrong way
「神経を逆撫でする」という意味
(例文)
That really rubbed me up the wrong way.(それは私の神経を逆撫でするわ)

■ Blow a fuse
ヒューズを飛ばす=とても腹を立てる
(例文)
・I only answered your question. There’s no need to blow a fuse.
(私はあなたの質問に答えただけですよ。そう怒らなくてもいいでしょう)

・Her boyfriend keeps blowing a fuse because she doesn't answer his text messages.
(彼女がメッセージを返さないから、彼氏は怒りっぱなしだ)

■ tick off
「いらいらさせる」の意味
(例文)
It really ticks me off when people don’t show up on time.(人が時間通りに来ないといらいらする)

■ on a warpath
warpathは「出陣の道」の意味で、on a warpathで「いらいらしている」「喧嘩腰」「機嫌が悪い」の意味。
(例文)
Be careful. The teacher has been on a warpath all day.(気をつけて。あの先生一日中機嫌が悪いから)

■ the end of one's tether
tetherとは、牛や馬をつないでおく縄や鎖、あるいは我慢できる範囲のことを言い、the end of がついて「堪忍袋の緒が切れる」「限界」の意味になります。
(例文)
I've reached the end of my tether.(もう堪忍袋の緒が切れたわ)

■ the last straw
(例文)
これも「堪忍袋の緒が切れる」の意味。
I had a terrible day, but when I crashed my car, it was the last straw.(今日は散々な日だったけど、車をぶつけた時ついにキレた)

■ screw it
screwは「しくじる」という意味です。screw itになると「勝手にしろ」「私の知ったことではない」と怒りを表すスラングに。
(例文)
Screw it, I'm not going to finish the project. (もういい。勝手にしろ。私はこのプロジェクトもうやらないよ)

■ lose one's temper
キレる。lose one's ragとも言う。
(例文)
She easily loses her temper. I wish she'd think before she spoke.(彼女はすぐに怒るけど、考えてから話すようにしてくれないかなぁ)

■ fly off the handle
もともとの意味は「斧などの道具を振り上げた時に柄の部分がすっぽり抜け落ちること」を言います。これを感情表現に当てはめて「自制心を失う」「キレる」といった意味で使います。
(例文)
Bill flew off the handle when he saw what they had done to his son.(ビルは彼らがビルの息子にやったことを見て、自制心を失った)

■ blow your top
怒りを爆発させる。topは「頭」の意味。頭を吹き飛ばすくらい怒る。
(例文)
When I blew my top and I hit my pinky toe really hard on a chair a few months ago and it still hurts. (数ヶ月前、私は怒り狂った時に椅子に足の小指をぶつけたが、まだ痛い)

■ hit the roof
直訳すれば「屋根を打つ」ですが、「激怒する」「カンカンに怒る」の意味。
(例文)
My dad hit the roof when I came home late at night.(私が昨夜遅く帰宅したら、父がカンカンに怒った)

■ go ballistic
ballisticは「弾道弾」の意味。弾道弾のように激しく→激怒すると言う意味です。
(例文)
She went ballistic at me(彼女は私に激怒した)

■ drive (人) up the wall
「頭がおかしくなるほど人をいらいらさせる」の意味。
(例文)
When people eat popcorn at the cinema, it drives me up the wall.(映画館で人がポップコーンを食べるのが耐えられないほどいらいらする)

■ piss off
日本語の「人をムカつかせる」に相当する表現。
pissは「尿」を表す語で、友達同士で話す分には問題はありませんが、目上の人や公的なところでは控えましょう。
(例文)
・When I saw that someone scratched my new car, I felt really pissed off.(私の新車を誰かが引っ掻いたのを見て、ほんとにムカついた!)
・I really pissed my teacher off when I didn't hand in my homework on time.(私が宿題を提出しなかったので、先生が私にキレた)

 

怒ったときの表現例(怒りの度合い別)

静かに怒りを伝えたい時

■You disappointed me.(あなたにはがっかりだわ)

■I feel like I am losing my temper.(怒りで自制心を欠いてしまいそう)

■I felt angry when you said that.(あなたがそう言ったとき、ムカッとした)

■I am really upset now.(私は今本当に頭が混乱している)

■I am not ok with that.(私はそれは嫌です)

 

マイルドな怒り表現

■Don't fool around with me.(私を馬鹿にしないで)

■You have been picking on me for a while and you are really riling me up.(あなたにずっとからかわれて、私はあなたに怒りを感じる)

■You are such a pain in the neck.(あなたは本当に厄介者ね)

■Don't do that again, or~(二度としないで。そうでないと~)

■Who do you think I am?/Who do you think you are talking to?(私を誰だと思ってるの?)

■You are too much./That's enough./I'm sick of it.(もうたくさんだ)

■I don't like it.(私はそういうの嫌です)

■Don't make me nervous. I already told you many times.(何度も言ったでしょ。いらいらさせないで)

■I feel a bit miffed.(私は少し怒っています)

 

度数の高い怒りを伝える表現

■I've got a bone to pick with you.(まだ君にいい足りないことがある)

■You're so full of yourself.(調子に乗ってんじゃねえぞ)

■What the heck

Whatで始まる単なる疑問文に"the hell"や" the heck"を挿入して怒りを表すことがあります。

”hell”の方はSwear wordになるので使用に注意。

(例文)
What the heck is going on?!(いったい何やってんだ!)

■Don't mess (up) with me.(私に関わらないで)

 

きっついことをさらりと言うテクニック ~Happy Bunnyに学ぶ~

アメリカにHappy Bunny という、とても可愛いウサギのキャラクターがいるのですが、実はこのウサギは、にこにこしながらとんでもないことを言うので有名です。

いわゆる毒舌キャラというやつですね。「超」が頭につくくらいの。

笑顔で怒り表現って、よけいに怖いですよね。
サイコのHappy Bunny のセリフは怒りを表すのに真似すると役に立つこともあるかも?!

Happy Bunnyのこれまでの名言】

■Stop existing, please.(存在するのをやめてくださいね)
■It worries me how dumb you are.(あなたが馬鹿すぎて心配です)
■I have a dream. In it, something eats you.(私には夢があるの。その夢の中であなたは何者かに食べられちゃうの)
■Ok, I'm perfect. Now, stop staring.(わかった。私は完璧だから、見つめるのをやめてね)
■Makeover? You need to be runover.(メイクオーバーですって?あなたに必要なのはランオーバーよ)* makeover・・メイクで変身すること。 runover・・車に轢かれること。
■You are not smart. I am not nice. Let's not pretend.(あなたは利口でないし、私は親切でない。お互い見栄を張るのやめようよ)
■I know you are talking, but all I hear is blah blah blah.(あなたが何か話しているのはわかるけど、私にはぶつぶつぶつ・・としか聞こえない)
■All you need is love.(あなたに必要なものは愛よ)
■Excuse me, but the world does not revolve around you!(すみませんが、世界はあなた中心に回っていないんです)

マックスの怒りを伝える方法

腹が立った時、汚い言葉を使うのは自分の人間性の未熟さや語彙力のなさを露呈するだけだと

頭で理解していても、人間なので感情が付いていかないときがありますね。

でも汚い言葉を知らなければ使わずに済みます。

英語レベルが高くないのに、悪い言葉だけ流暢に話したら、小さい子供が悪い言葉を使いたがるのと同じで、

相手から逆に笑われてしまいます

どうしても罵倒したいくらい腹の立つことが起きたら、日本語で言いましょう。
悪い言葉は意味だけ知っておく必要はありますが、使う必要はありません。

Swear words(汚い悪い言葉)に興味のある人は、

【The Bad Word Book: Etymology, Definitions, Usage and Synonyms】など悪い言葉ばかりを集めた

本や辞書が出版されているので、趣味として読む分にはおすすめです。

まとめ

相手に気持ちが伝わるような、怒りの表現をするためには、

一、冷静に

二、汚い言葉を使わない

ことががもっとも効果的です。

すぐに英語が口から出てこない人は、それを逆手に取って、いろいろな効果的な表現方法を学んで相手に伝えられるようにしてみてください。

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-基礎英会話, 日常英会話
-, , , , , , ,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2019 All Rights Reserved.