【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

海外生活

私が海外生活で気付いたこと、5選

更新日:

こんにちは。

現役英会話講師の伊南拓哉(いなみたくや)

です。

私の友人のMさんに海外生活をしてきて気付いた事を聞いてみました。
記事タイトルの「私」とは、伊南拓哉のことではありませんが(笑)、
アメリカで7年以上暮らしていた私の体験との共通点が多く、非常に興味深いものでした。

今回はそれを皆さんにご紹介していきたいと思います!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。

日本では当たり前のことが、海外で当たり前ではない、逆に日本で当たり前ではないことが、海外で当たり前なことがたくさんあります。

海外に住んでみて気付いたこと5選を、アメリカに住んで10年目の私が答えます。

①季節感がなくなった

冬の実家は一軒家でとても寒く、家の中でも息が白く見えるくらいでした。

寒い日は脱衣所で震えながら服を脱いでお風呂に入っていました。

アメリカの家はセントラルヒーター&クーラーのため、家の中の温度が一定に保たれているので、脱衣所で震えることはありません。

トイレも廊下も階段も、部屋によってはクローゼットまで同じ温度です。
その為、家の中では年中軽装で過ごしていますし、真夏の灼熱地獄が続いても全く苦には感じません。
真冬でいくら気温が下がろうとも、寝るときは布団ではなく毛布で十分です。

そしてどこへ行くにも車を使うので、ヒートテックやタイツ、マフラーといった小物が必要なくなりました。
快適な生活と引き換えに、
「今日は寒いから、お鍋が食べたいね」「今日は暑いから、そうめんにしよう」
といった季節感がなくなってしまいました。

②会社付き合いの飲み会がなくなった

日本にいる時は、会社付き合いの飲み会が、めんどくさくて仕方なかったんですよね。
仲のいい同僚だけならいいですけど
・上司もいると気を使うし
・お酌もしなくちゃいけないし
その後2次会だの3次会だの、結局帰るのは夜遅くなって、寝たら次の日また仕事で、
さっきまで一緒に飲んでいた人たちとまた顔を合わせる。

頻繁に起こる飲み過ぎや食べ過ぎで、肝臓を悪くしたこともあります。

アメリカに来たら、仕事の後はみんな直帰です。
そもそも車通勤ですしね。

でも今思うと、会社の飲み会で仲良くなって、仕事を辞めても連絡を取り合う友人ができたり、職場の団結力が強くなったり、そういうものの為に会社の飲み会があったのかなって、アメリカに住んでから気が付きました。

③買い物する時はいろいろ気を付けるようになった

卵を買ったら割れていた、
賞味期限が切れていた、
割引の広告が出ていたのに割引されていなかった、
お釣りが足りない、
テイクアウトして中を見たら、注文したものが入っていなかった、

など、日常茶飯事です。こんなのに不満を持ちクレームを入れようものならキリがありません。
買い物する時は、品定めには気を付けています。

④オシャレに興味がなくなった、外見が気にならなくなった

家の中はセントラルヒーター&クーラーだし、どこへ行くにも車なので、いつもTシャツとズボンとスニーカーです。
寒い時はそれに一枚カーディガン等を羽織る程度。

買い物に行っても、興味を引くような服は売っていないし、周りにオシャレな人もいないし、ほとんど服を買わなくなりました。
体重も気にせず、好きなものを好きなだけ食べています。

パジャマのズボンを履いて歩いている人もいるし、太っていてもビキニとか着ているし、周りの目を気にせず、その人がよければいいみたいです。

人目を気にしてばかりいた日本での生活よりかは大分気楽です。

⑤銃を身近に感じるようになった

銃のセールの広告が新聞に入っていたり、銃の専門店が普通のショッピングモールの中にあったりします。こちらに来たばかりの時は目を疑いましたね。あまりの入手の簡単さに。
この地域はハンティングがとても盛んなので、時期になると自然の多い場所ではそこら中でパンパンと銃声がし、カモフラージュ服を着たハンター達が銃を持って立っているところをよく見かけます。

(ハンティングドッグが鹿などを追いやってくるのを待っています)
運転中に偶然目の前で鹿を撃つところを見たことがありますが、今でも撃たれた時の鹿の表情が忘れられません。

最後に、
海外に住んで気づいたことは、意外にも日本のいいところばかりでした。
でも日本に住んでいたら気が付かなかったでしょう。
アメリカのいいところは、いい意味でも悪い意味でも、自分らしくいられることかな。
人に合わせるというストレスがなくなりました。
どの国に住んでも、良いとこ、悪いとこがあり、パーフェクトな国なんてありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしたでしょうか?

Mさんがおっしゃっていたように、海外に住むと、日本にいた頃には中々気付かない、

日本の良いところに気付くというのは私も本当にそう思います。

 

日本という国の豊かさや人に対する思いやりと細かな気配りは、

日本に関する様々な要素に含まれており、間違いなく世界に誇れるものだと思います。

反面、その素晴らしさに気付けず、自分らしさを隠し、

他国と比べて豊かなのにも関わらず生活の幸福度は比較的低い、というややネガティブな印象も感じています。

 

世界には本当に多種多様な人々がいて、日本とは異なる多種多様な生活を送っています。
日本文化のみでの生活に満足し、良くも悪くも古い考え方にとらわれ、視野が狭くなっていませんか?

英語と、海外の文化との接触は人生の中で非常に大きなパワーになります。

英語が話せるようになり、海外の多くの人とスムーズに意思疎通ができて異国の文化に触れた時、
それは何よりも楽しく、きっとあなたの人生に新しい風が吹く事でしょう。

海外に行ったり、海外について学んだりする事で色々な価値観や文化を学び、
自分の人生に新しいアイディアと新鮮さというスパイスを与えることで、それがキッカケとなり
人生が変わったりする事もあります。

私は、海外で自分の彼女と出会うことで大きく変わり、
単調だった生活が色とりどりになりました。

やはり、英語は話せるとたくさんの情報量を入手でき、多くの新たな発見に出会う事ができます。
そしてそれを是非、日本の中だけではなく皆さんご自身で体験していただきたいです。
次の時代を担う若者達には特に貴重なものとなるでしょう。

まずは「一歩目」となる英会話。

少しずつ、焦らずに楽しんで英会話を勉強していきましょう。

 

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-海外生活
-, , , ,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2020 All Rights Reserved.