【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

日常英会話

【驚いた時の感情を表す英語表現】“Oh My God” のバリエーション+Swear Words(口汚い言葉)

更新日:

皆さん、こんにちは。

現役英会話講師の伊南拓哉(いなみたくや)です。

“Oh my God!!”

ということで、日本でも知らない人はいないぐらい有名なフレーズですよね。

海外においてもよく頻繁に聞くフレーズです。
状況によって言い方が変わったり違った表現のし方もあります。

今回は “Oh my God”の様々なバリエーションを紹介していきます。
公衆の面前では使うべきではない禁句(swear words)を使った表現も紹介するので、
注意してください。

ではいってみましょう!

 

“Oh my God”の種類

“Oh my God”はかなり汎用性が高いフレーズです。びっくりした時やヤバいと思った時、様々な状況で使われる言葉です。なので表現の仕方も豊富なのです。

“OMG”
OMG はOh My God の頭文字をとって作られた言葉です。よくメッセージなどで略して使うのですが、最近では口に出して「オーエムジー」と言ったりもします。

“Oh my goodness/gosh”
これがgod をgoodness か goshに代用したものです。アメリカにはキリスト教の人が多いので “oh my god”など神の名前を使った表現を嫌う人もいます。なので、場合によってはgoodnessに変えることで他人に失礼になることもありません。

“Jesus Christ!”
直訳すると「イエスキリスト」なのですが意味は同じです。これも人の気に障る場合はあるので、場面によっては、あまり使うのは避けましょう。

“Oh my heavens”
これもGod を代用した例の一つですね。なにか衝撃的なことや機嫌が悪くなる時に使われるフレーズですね。

びっくりした時によく使う“Oh my God”+”F”ワード(禁句)

“Oh God”
これは my を抜いたバージョンです。”Oh God” はなにか予期せぬ事態に出くわした時に神頼み的な感じで連呼されるフレーズです。映画などで何者かに追われている時とかよく使われたりしますね。

※ここから禁句注意です※

“Oh fuck!”
これもびっくりしたときに使える言葉ですね。本当に信じられないことが目の前に起きた時やすごくびっくりしたに使うフレーズです。“Fuck” は禁句なので使うときは場所と状況を見てから使いましょう。

“Oh shit/shoot/crap!”
これも禁句を使ったびっくりしたときの表現の一つです。禁句を避けるときは “Oh shoot!” や “Oh crap!” などに変えましょう。 “shit” が「糞」という意味なので “crap”「うんこ、ガラクタ」や似た言葉の “shoot”になります。

“Holy shit/ crap!”
これもびっくりしたときに使う言葉です。さっき紹介したのとほぼ同じ意味をもちます。

“Holy cow!”
ホーリー系の一つですね。なぜ牛なのかと聞かれると定かではないのですが。神と同様に牛も崇める存在なのでこういう表現が生まれたという説もあります。

“Oh my fucking god!”
これが “Oh my god” の究極体ですかね。これも禁句なので使うときは注意しましょう。

“Fuck me!”
意訳すると「やばい!ちくしょう!」に近いですね。これはなにか失敗したときや自分に不幸な事があったときに使うフレーズです。禁句なので周りに気を付けましょう。

様々な“Oh my God”

“What the hell?”
これは「なんだこりゃ?」という意味です。なにか不可解なことやおかしいことが起きた時に使う言葉です。 こういう場合で使う “Hell” も禁句とされていますので代わりに “What the heck?” という表現が適切です。

“oh jeez..”
これを意訳すると「やれやれ」となります。これは苦悩やストレスを感じた時に使える “Oh my god” ですね。由来は “Oh Jesus” から来てると言われています。

“oh damn!”
これは先ほどの “Oh shit!” に近い表現の仕方ですね。 これも禁句とされている言葉の一つです。

“Oh my fucking hell!”
これは禁句を二つも使って表現するセリフですね。本当に嫌な事があったときや腹が立った時に使う言葉です。相当びっくりしたときにも使われます。

まとめ

みなさんどうでしたか? “Oh my god” にこれほどまで違う言い方があるとはご存知でしたか?
いくつか知っていた表現もあったのではないでしょうか?アメリカやイギリスでも使うフレーズが違ってくるのでおもしろいですよね。 映画やドラマでもよく耳にするフレーズです。そして、禁句やbad wordsを知って使えるようにするのも英会話ですし、意外とそういう言葉から覚えていったりしますよね。

紹介したフレーズはよく使われている表現なのでまだまだ細かい違いのフレーズも色々あります。
驚いたときに “Oh my ___’’ と自分でランダムな名詞を入れてもほぼ伝わったりするので面白いです。

どれか使いやすいフレーズがあれば使ってみて欲しいのですが、「禁句となる言葉は
下品かつ乱暴で周囲の人たちを不快にさせる」ので、慣れないうちは公共の場などでは特に気をつけてくださいね。

なかなかニュアンスを理解するには難しいトピックでもあるのですが、
日本語の乱暴で下品な言葉よりも強い意味を持つような気がします。
耳にしたとしても汚い言葉でしかないので、
使わないに越したことはありませんよ。

 

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-日常英会話
-, ,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2021 All Rights Reserved.