【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

日常英会話

英語でボキャブラリーを増やすには?英会話を上達させるおすすめの方法!

更新日:

お疲れ様です!

現役英会話講師の伊南拓哉(いなみたくや)です。

英語のボキャブラリーを増やすのが難しいと思ったことはありませんか?

数は確かに多いですし、ネイティブでも知らない単語などいくつもあります。

日本語でも同じなのではないでしょうか。

ただ、単語を理解していないと、英文を読むときに理解しづらかったり、思っていることを相手に伝えづらかったりしますよね。

今回は英語のボキャブラリー力を身につける方法をご紹介していきます。

 

読書でボキャブラリーを増やす

やっぱり単語を覚えるにおいて読書は最も重要です。

日本人でも読書を読む読まないで語力の差は広まると思います。

英語も同じです。

あまり読書をしない人はネイティブでもボキャブラリー数が乏しいです。
文章を読むことで、知らない単語でもどういう意味か文脈から判断する技術を磨くことができますし、単語自体の正しい使い方も覚えます。

ニュースや英語のSNSの投稿などを読むのもいいでしょう。

気に入った小説を読むのも効果的ですが、出てくる単語は大抵難しいものばかりだったりするので、「短めで簡単な本」を探して読み始めることをお勧めします。もちろん片手に辞書はお忘れなく。

リストを勉強する

単にボキャブラリーを勉強して覚えるという手もあります。

SATというアメリカのセンター試験のようなテストにも単語の項目があります。
そのSATワードを勉強して覚えれたら本当に一流の英語を話せるようになります。

SATワードは一般のアメリカ人でも知らない単語などが載ってるので上級のボキャブラリを身に着けるにはもってこいです。

単調な作業になりがちですが、単純に反復練習は重要です。より自分の記憶に印象付ける為に、自分で文を作ってみたり、言葉のまとまりで暗記するようにすると良いでしょう。

日常生活

日常生活に関わる、すぐ身の回りの物を英語にしてみましょう。
「これは英語でなんていうんだろう?」と疑問に思って調べれば覚えやすいと思います。

家にあるもの、会社、学校で目に付くものやよくする行動など覚えていきましょう。

何かをみて英語の文章を言ってみるのもいいです。

“Today is nice weather”
“Today’s lunch is sandwich”
など日記のような感じでどんどん英語にして覚えていってみましょう。

厳しく聞こえるかもしれませんが、身の回りのものですら英語で言えなければ、英語のレベルはまだまだ、という事になります。下手でも良いので、常に疑問を持ち、英語に対する好奇心を忘れないでくださいね。

単語の分解から学ぶボキャブラリー

英語はラテン語からすごく影響されているのはご存知ですか?

単語のなかには分解してそれぞれが違う意味を持ち、つなぐことで単語になっているのもあるので覚えにくかったら砕いてみるのもいいです。

例えば
“anti-“ は反するという意味なので
“antibody” 「抗体」
“antidote” 「解毒剤」
“Antipathy” 「反感」(pathは感情という意味もある)

“Re-“ 「再」
“Recycle” 「リサイクル」
“Remake” 「再現」
“Return” 「返す」
など覚えやすく勉強できます。

特に、見慣れない単語と出会った時にこのような知識があれば、かなり理解しやすくなります。

イメージする

単語を覚える際にイメージを付けると覚えやすいし引き出しやすいと思います。
単語を発言したときにそのイメージが浮かび上がったら上出来です。

単語を勉強するときに絵など描いてみるのもいいかもしれません。

それかイラストのついた本を読むというのもありです。

位置や時、状態を表す前置詞(atとかonなど)のような言葉は特にイメージが大事ですし、文字数多めの難しそうな単語でも、イメージを持てるか持てないかで、自分の記憶に定着する度合いが変わってくると思います。

英語を声にして発する

覚えたい単語を声に出して発音するのもいいです。

お勧めなのはちゃんとあった発音を聞いてから覚えましょう。
なぜなら間違った発音で覚えてしまうと実際に話すときに聞き取れなかったり相手にとって内容がイメージできなくなったりするかもしれないからです。

声をだして練習することで、音として口に出す意識を持ち、自分の声を耳で聞く事によって、多元的に学ぶことができます。

覚えた単語で文章を書く

これをやるかやらないかで、英語上達のスピードがかなり変わってきます。

その日に覚えた単語や知っている単語を全部使って日記やエッセイなど書いてみましょう。
あまりベーシックな単語しか知らない場合、同義語や類義など調べて代用してみてもいいです。

とにかくできるだけ多くのボキャブラリーを使って練習してみてください。

ネイティブスピーカーと話す

以前にも紹介したように英語を話せる人がいればベストです。

英語で話してもらって難しい単語など知らない単語を使って来たら、迷わずどういう意味かを聞いてみましょう。

自分もそうやって覚えた単語が山ほどあります。

まとめ

みなさんいかがでしたか?
ボキャブラリーを増やす自信はでてきたでしょうか?

単語を知らないと会話が成立しなかったり英文を読んでも「なんだこりゃ?」となったりするのでボキャブラリー力をつけるのは単純に大事です。

一気に覚えていかなくていいので、基礎から始め、徐々にレベルを上げていって自分のペースで学んでいってください。

目標を作る事も大事ですね。

 

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-日常英会話
-, ,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2020 All Rights Reserved.