【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

日常英会話

キャビンアテンダントの英語ってネイティブから見てどうなの?

更新日:

こんにちは。

現役英会話講師の伊南拓哉(いなみたくや)です。

国際線のキャビンアテンダントと言えば、英語でのアナウンス、外国人乗客との英語でのやり取りなど、聞いているとかっこよくて憧れますよね。
でも彼女たちの英語のレベルって本当のところはどんなものなのでしょうか。

ちなみに英語だと、旅客機の客室乗務員は"flight attendant"(フライトアテンダント、FA)と言います。キャビンアテンダントで通じなくもありませんが、あくまで和製英語です。今回は聞き慣れたキャビンアテンダントと呼んでいきます。

「私もキャビンアテンダント(以下CAと表記)になりたいけれど、どのくらい話せないとだめなんだろう、どんな勉強をすればいいんだろう」とお考えの方も多いことと思います。

そんな方に少しでも参考にしていただけるよう、記事にまとめました。

 

【目安はTOEICで600点以上】

そもそもCAが機内で話す英語は「シートベルトをお締めください」とか「荷物は上の棚、もしくは座席の下にお入れください」「「お飲み物はいかがですか」など、だいたい決まっています。

毎日これらの決まり文句を言っていればスラスラ言えるのは当たり前ですから、これだけで彼女たちの本当の英語力をはかり知ることは難しいところですが、JALとANAなどの大手航空会社では、CAにはTOIECで最低600点の英語力を求めていると言われています。

TOEICで600点は、英検で言うとだいたい2級程度です。
これはさらに平たく言うと、高校の時にそこそこの進学校で英語が少し得意だったというレベルです。
しかしこれは飽くまでも目安で、元CAをしていた方の話によると、英語が不得意でも面接で落とされないこともあるそうです。

以前、JALのキャビンアテンダントを目指す人に密着したテレビ番組がありましたが、その方の英語力は英検4級程度で特に優れているというものでもありませんでしたが、採用試験には合格していらっしゃいました。

【英語が不得意でも採用がOKな場合とは?】

それはずばり、英語力をカバーするだけの「何か」を持ち合わせている場合です。もちろん不得意と言っても程度問題で基準を大きく逸れているのは問題外です。
ではその「何か」とは具体的にどんなことでしょうか。

①乗客からの質問に答えたり、冗談や世間話に対応できること

「笑顔」「気持ちのよい対応」ができるのは当たり前のことで、「それ以上のこと」が求められています。
ため口にならず、しかもフレンドリーに。例えば過去のJALの新卒者を対象とした英語面接では「伊勢神宮までどうやっていくかを外国人に説明するつもりで話してください」というものがありました。

しかしこれは一例ですから、どんな質問にも答えられる知識が必要となってきます。

②乗客からの苦情や乗客同士のトラブルに上手に対応できること

機内ではどんなことが起きるかわかりません。
乗客から苦情を言われた時に速やかに対処しないと緊急着陸に至るようなトラブルにまで発展することもあります。
私は一度日本行きの便の中で後ろの客から座席を蹴り続けられるという被害に遭ったことがありました。

CAさんを通して苦情を申し立てたのですが、そのCAさんはうまく伝えることができず、私はかえって後ろの人から恨みを買ってしまうこととなり、CAさんはいつの間にか姿を消していたということがありました。

CAには、英語力はもちろん、コミュニケーション能力が必要だと言うことになってきます。

JALの採用基準が「自分の言葉で自分の話ができる人を採用する」というのもうなずけます。
結論としてはCAの英語力は、発音も含めて「人による」というところです。

ただ、同じCAでも外資系航空会社だとクルー同士英語でコミュニケーションを取りますし、英語ができて当たり前のため状況はもっとハードになるでしょう。

反対に空港にはパスポートのチェックや搭乗案内アナウンスを行うグランドスタッフと呼ばれる人たちがいるのですが、彼らは決まり文句だけアナウンスしていればよいにもかかわらず、発音が「ネイティブにはほとんど伝わっていないだろうな」のレベルなのがいつも残念に思うところです。

英語ができるに越したことはありません。様々な国籍の人に対して不自由なく業務で応対できるほどの英語力のレベルは決して低くないので、英語学習に力を入れるべきだと思います。

 

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-日常英会話
-, ,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2020 All Rights Reserved.