【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

日常英会話

アメリカ人と日本人の仕事に対する姿勢の違い

更新日:

お疲れ様です。

現役英会話講師の伊南拓哉(いなみたくや)です。

日本で働くことと、アメリカで働くことは、大きな違いがいくつかあります。

今回は、アメリカ人と日本人の仕事に対する姿勢の違いをご紹介します。

都会で働く人や、ビジネスマンとして働く人たちとは、多少違いがあるかもしれません。

 

家族 > 仕事

日本に比べて、仕事よりも家族を優先する人が多いです。
職種や、雇われているのか、自営業かによっても多少違ってきます。
その為、残業はほとんどなく、断然休みや休暇は取りやすいです。

子供が熱を出し、当日休んでも、文句を言われることもありません。
休暇も1週間2週間、まとめて取る人が多いので、お互い重ならないように、調整はしますが堂々と取ることができます。

仕事の後の付き合いの飲み会がない

日本は、懇親会、忘年会、新年会、送別会、歓迎会、同期会、暑気払い、ミーティング、打ち上げ、お花見など、理由を付けて、年中飲み会を開いてますよね。
それに合わせて、上司からの誘い、取引先からの誘い、同僚からの誘いを入れると、週に何度も飲みに行かなければならない時もあります。

アメリカでは、仕事の後の付き合い飲み会は、一切ありません。
ほとんどの人が、車通勤だから、というのも一理あるかもしれません。

忘年会とか送別会とかあっても、誰かが食べ物を持ち込んで、みんなに配るとか、休憩室に置いてあって、仕事の合間につついたりするぐらいです。

辞めたい人は我慢しない

辞めたい人は、基本的に我慢せず辞めます。
ある日突然来なくなる人もいるし、仕事の途中で喧嘩などをして立ち去り、そのまま辞める人、いい条件の仕事が他にあれば、何年勤めた職場であろうと、情などお構いなしで退職していきます。
どうりでアメリカに過労死が少ないわけですね。

お客とのおしゃべりは仕事の内

日本でウェイターをしていた時、客と世間話をしていて、上司から「客としゃべる暇があるなら働け」と言われたことがあるのですが、アメリカでは、客と世間話をするのは、当たり前の光景です。

客がレジの人と世間話をしていても、次に待っている人は、イライラするわけでもなく、当たり前のように順番を待っています。
そしてその人の番が来たら、今度はその人がレジの人と会話をする。

順番待ちをしているお客同士が、世間話をするのも日常的な光景です。

客はお客様ではなくお友達感覚

日本だとお客は「お客様」であり、接客は下手に出ます。
アメリカでは、お客とは平等であり、まるで友達のようなフレンドリーさ。
お客でも間違えていることを言えば、キチンと言い返します。

手当が出ない

アメリカでは、交通費が支給されません。
その他日本のように、扶養手当、産休・育休休暇、産前産後休暇、介護休暇、生理休暇、住宅手当、傷病手当金などもありません。
アルバイトの場合は、有給や健康保険も付かない場合がほとんどです。

敬語がない

上司や年配の人と話すときも、基本的に敬語は使いません。

解雇されやすい

日本に比べて、解雇される確率が高いです。
私も経験がありますし、周りの家族や友人も何度か経験しています。
理由はそれぞれだと思いますが、上司や雇い主の条件に合わないからということが多いと思います。

机の周りは、家族やペットの写真だらけ

日本では、机の上にプライベートの写真を置いている人を見たことがなかったのですが、アメリカでは机の上や壁などに、家族やペットの写真、その人好みの飾りつけがしてあるのが普通です。

最後に、
日本と同じ、アメリカでも正社員の仕事を探すのは、ものすごく大変です。
田舎だと本当にアルバイトでさえ、あまり選択肢がありません。
都会へ行けば仕事はありますが、アメリカは交通費が出ないので、時給が安くても地元で働いた方が割がいい場合が多いです。

 

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-日常英会話
-,

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2019 All Rights Reserved.