【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

英会話のコツ

英語は一生使えるスキル。英語を覚えておいて損はないその理由とは

更新日:

みなさん,お疲れ様です!

現役英会話講師の伊南拓哉(いなみたくや)です。

昨今では小学校から英語の授業が始まるなど日本の英語教育には力が入る一方ですが、そもそもなぜ私たちはそんなに一生懸命英語を勉強するのでしょうか。

中には「私は一生海外旅行もしないし、英語を必要とする仕事にも就かないから、勉強しなくていいわ」と思う方もいるでしょう。

英語が話せることの魅力について、いくつか一緒に見ていきましょう。

【英語が話せるとできること】

 

①世界中の人々と交流ができる

YouTube、ご覧になりますよね。簡単な言葉ならコメントできるけれど、例えば知りたいことがあって質問したいのに伝え方がわからない。好きな海外アーティストのツイッターでコメントしたい。オンラインで買い物をしたらトラブルになった。

そんな時、どうしていますか?
グーグル翻訳で英語に直しますか?

オンライン翻訳は、近い将来改善されていくでしょうが、今の段階でははっきり言うと、もうめちゃくちゃの域です。

言いたいことは何となく伝わるかもしれませんが、ニュアンスは正確に伝わっていないことが多いですし、熱い気持ちや大事なことを伝えたい時は、いらぬ誤解を招かないように、ネイティブレベルの英語でやり取りすることが大切です。

今や世界中がネット社会になっています。英語使いこなして、世界中の人が共有しているグループの一員になれることは素晴らしいことですね。

②外国で友達ができる

 

英語圏の国と言っても様々なので、国民性による部分も大きいですが、例えばアメリカ人はとてもフレンドリーで親しみやすいですが、英語が話せない人はいつの間にか視界から外されます。
英語を話さない人にいじわるしようとか下に見てやろうなどという悪意はもちろんありません。

彼らの目には本当にその姿が見えなくなるようです。これぞ本物の「無視」であり、「相手にされない」とはまさにこのことです。ある意味いじわるされるよりきついものがあります。

反対に、国籍がどこであれ、言葉が通じれば心が通じ合うことが多いため、親しい友達もたくさんできるようになります。
どんどんとグローバル化が進む世界だからこそ、いろんなシチュエーションを想定しておくことが大切です。

仕事で英語でのやり取りをしなくてはならなくなった、突然外国に住むことになったということは、今やもう起こり得ないことではありません。

③日本で仕事が比較的簡単に見つかる

 

今は帰国子女も珍しい存在ではありませんし、英語がぺらぺらに話せる日本人はたくさんいます。

それでもまだまだ英語が話せる人は何かと重宝されます。外国人と交渉しなくてはならない場にいてもらえたら助かりますし、英会話教室を開きたいと考えている人には講師にもってこいです。

就職難と言われる時でも、本当にいろんなところからお声がかかります。

④映画や小説が原語で楽しめる

 

洋画には日本語のサブタイトルが付いているし、海外小説には翻訳本が出ている。だったら必要ないじゃないかと思う方も多いでしょう。
しかし、聞いたままの言葉を頭で受け取れたら素敵だとは思いませんか?例えば、「Happy」は日本語に訳すと「幸せな」「幸福な」という意味になりますが、実際には意味が近いというだけで、便宜上そのような日本語を当てはめているだけです。

「Happy」はやはり「Happy」でしかなく、「Happy」と聞いたら「Happy」を受け止めることが大切です。
映画のサブタイトルでも、よく見ると間違いがある場合もあります。

翻訳の間違った海外小説も出版されているのが現状です。サブタイトル付きの映画を観ること、翻訳本を読むことは、「誰かが訳した映画を観ている」、「誰かが訳した小説を読んでいる」に過ぎないのです。

日本人のフィルターを通さず、本や映画をそのまま理解できれば、真の意味で楽しむことができます。

この他にも、英語が一生使えるスキルである理由はたくさんあります。

単純に英語が堪能だと、世界中から得られる情報量が、国内のみに目を向けている時よりも倍増します。みなさんも英語を学ぶ理由をさらに探してみてください。英語学習に対するいいモチベーションになると思います。

 

【決定】イナミーズバナー

【決定】イナミーズバナー

-英会話のコツ

Copyright© Inamy's English(イナミーズ 英会話) , 2021 All Rights Reserved.